新緑鮮やかな多摩川へサイクリングに行ってきました

ゴールデンウイーク最終日の5/7日曜日、ペンギンクラブの自転車大好きグループで多摩川へとサイクリングへ行ってきました

今回のサイクリングは、アスファルトで覆われている舗装路だけではなく、砂利道や草地、砂地の凸凹ダートコースがメインになる河川敷コースでしたので、ハンドリングや加減速(ギアチェンジやブレーキング)のテクニックなどが普段以上に重要になりました

出だしではギアチェンジが上手くいかずにヨタヨタしたり、コーナーリングでふらついてしまっていた子も、練習を重ねるごとにグングンと上達していき、安定したカッコイイ走りをみせてくれました

自然の中でのサイクリングには、街の中を走るサイクリングの楽しさとは違った楽しさがあります
茂みの中に吊るされてあるハンモックやブランコを見つけてはユラユラ揺られて
木登りに適した木を見つけては、まるで子猿の様にスルスルと登り
小川を見つけては、石を敷き詰め堰を作り
目一杯に自然と遊んでいました

 

 

 

自然と遊びすぎて、目的地である東横線多摩川駅までは辿り着くことはできませんでしたが、目的地に行くことよりもより多くの学びがあった1日になりました

夏には、MTB体験も予定しますので、是非参加してくださいね!!

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。